RIDEALIVE2019 沖縄

透き通る青い海、深い緑。

太陽や風を全身で受け止めれば、心が解放され、とても気持ち良い。
生きてるなー!って感じ。

自然の恵みを受け、時間を大切に過ごす。それって最高。
そんな理想を沖縄が叶えてくれます。

沖縄北部への自転車旅

那覇空港から70㎞ほど北にある名護市からスタートし、橋を渡って「古宇利島」を目指します。ビーチで遊びながら周囲8㎞の島をのんびり走りましょう。 今回の拠点は昔ながらの琉球古民家の宿を貸切ります。縁側に腰かけて、畳でゴロゴロして、広い庭で食事をしたり。私たちだけの特別な空間で3日間過ごしましょう。

1日目は青い海で遊び、2日目は深い緑の中を走ります。
亜熱帯の森を進み、自転車を降りて川を上って行くと現れる滝のオアシス。
自然に身を委ね、マイナスイオン浴びましょう。

3日目はゴールのタイラサイクルを目指し、約80㎞のロングライドです。
心地の良いアップダウン、ビュー、南国特有の景色を楽しみながら寄り道をし、旅の締めくくりはサンセットが迎えてくれるはずです。

RIDEALIVE2019 02 沖縄
アンバサダー

TairaCycle 平良嘉浩さん
今回この沖縄RIDE ALIVEを支えてくれるのは沖縄本島北谷町にあるタイラサイクルの平良さん。
優しく頼りになる自転車屋さんである一方、沖縄の道を走り尽くした元トライアスリートでもあります。ゆるいライドの楽しさも気持ちの良い道も知る平良さん。
沖縄の魅力をつめこんで、今回のRIDEALIVEのためだけに最高のアテンドをしてくれるでしょう。

HP  https://www.tairacycle.com/
instagram @tairacycle

RIDEALIVE2019 02 沖縄
開催概要

日時
10/22(祝火)〜24(木) 雨天決行
 
DAY1 10/22(火祝)
午前11:00「21世紀の森公園」に集合し、古宇利島を目指し約20㎞走ります。
古宇利島ではビーチで遊び、島一周をしましょう。
3日間の拠点、古民家宿「陽瑠寝」までは古宇利島まで約20㎞の道のりです。
1日目は参加者の皆さんとご挨拶程度にライドして、夜は宴ですね。
 
DAY2 10/23(水)
1日の始まりは陽を浴びながらヨガタイム。身体を動かした後はみんなで食卓を囲み、ライドに備えましょう。
メインの「ター滝」を目指し、亜熱帯を走ります。途中自転車を降り、滝までは川の中を歩いていきます。探検気分で散策です。
夕飯はみんなで買い出しへ行き、宿の古民家でお楽しみBBQしましょう。
DAY2 10/24(木)
最終日は気合を入れてロングライドです。ゴールのタイラサイクルまで約80㎞を寄り道しながら楽しみましょう。
 
参加募集人数
10名(定員になり次第、締め切りとさせていただきます。)
 
参加費
¥25,000(税別)
宿泊費、DAY1・2夕食、DAY2・3朝食、補給食、保険、を含みます。
※現地までの交通費、上記以外の費用は個人でのご負担となります。
 
エントリー条件
  • 1日80㎞のライドを走りきれる方
  • 自転車のトラブルに対応できる
    ※スタッフもサポートしますので、共に乗り越えましょう!
 
必要装備
  • ヘルメット
  • ウォーターボトル
  • パンク、自転車トラブル修理キット
  • 自転車ライト,鍵
  • 防寒着
  • 海や滝に入れる衣類、シューズ(ウォーターシューズやアウトドアサンダルなど)
  • レインウェア
  • 宿泊に必要なもの
  • ファーストエイドキット(消毒、絆創膏など)
  • 健康保険証(コピー可)

スタッフ

企画はサークルズの飲食チームPFMミウミウが担当!
去年の北海道に続いて楽しいライドにしましょう〜!
ライドに欠かせない記録係は、カメラマンえりつぃん
景色、人物、最高な瞬間を切り取る達人です。カメラを構えた彼女を見つけたら、笑顔を振りまきましょう!

RIDEALIVE2019 02 沖縄
エントリー

エントリーは8/19(月曜日)20:00より、サークルズWEB SHOPにて受付を開始致します。

エントリーチケットはこちら
https://shop.circles-jp.com/products/ridealive-2019-02

RIDEALIVE2019
LINEUP

バイクパッキング+αのライドイベント "RIDEALIVE”。 6年目の今年もさらなるフィールドと遊びの達人との邂逅を求めて各地で開催します。遊ぶ事と生きる事。その創造性を全力で楽しみます。
Vol.1 | 山梨

野暮れ山暮れ2

21-23 SEP.
SP01 | 滋賀

#BikeToFishing

9-10 OCT.
Vol.2 | 沖縄

OKINAWA

22-24 OCT.
Vol.3 | 四国

無我の境地

2-3 NOV.

ARCHIVES

close