RIDEALIVE2018 02 山梨
〜野暮れ山暮れ〜

RIDEALIVE2018 02 山梨
開催概要

山梨の山々を巡る旅

富士山や南アルプス、八ヶ岳など高い山々に囲まれた自然豊かな山梨県。 その県庁所在地でもある甲府の街を皮切りに、ライド ・キャンプ・ハイクを織り交ぜ、 じっくりと山の楽しさと厳しさを楽しんで頂きます。

集合地となるのは甲府駅の北口広場。 そこから先日のOutdoor Experience MOTOSUKO等でお世話になったAKITO COFFEEさんの前を通って武田神社へ続くまっすぐの道を抜けます。 武田神社を過ぎるとすぐに街中の風景には別れを告げる事となり、一気に山の中へと突入します。

前半の行程で標高約1000m付近まで辿りつき、後半は気持ちの良いアップダウンを繰り返せば標高約1500m付近のキャンプ場へと到着します。 この初日の50km舗装路の行程が最もハードになりそうです。

 

2日目は眼前に聳え立つ日本百名山にも名を連ねる金峰山をトレッキング。 百名山の生みの親である深田久弥は頂上にたった際、四方の眺めに狂喜し、称賛したとの事。 遠くには富士山を望む事ができる山頂からの絶景を楽しみましょう。 朝から夕暮れ前までじっくりと金峰山を味わいます。 また山頂には大きな積み木を重ねたような、花崗岩の御像石(五丈石)がそびえています。

 

甲府へ戻る3日目は、キャンプ場から南東に進路をとり、通行可能な未舗装を交えながら、山中のライドを楽しみます。 その後は温泉と美味しい食事でフィナーレを向かえます。 未舗装路とはなりますが、700 x 28c 以上であれば大丈夫でしょう。

 

宿泊は2泊とも金峰山荘キャンプ場となります。綺麗な星空を眺めながら、みなさんと美味しいお酒を組み、楽しい時間を過ごしたいと思います。

RIDEALIVE2018 02 山梨
アンバサダー

SUNDAY / 石川 氏

甲府のアウトドアショップ、SUNDAYの店主、石川 氏。 トレッキングからトレイルランニングまで山遊びを知り尽くし、その他のアウトドアアクティビティにも造詣が深く、今回のRIDEALIVEは、ルート探査やキャンプ場の選出など、石川氏がいたからこそ実現すると言っても過言ではないでしょう。 柔らかな人柄で多くの人に愛される石川氏の人柄に触れて頂くことも、このRIDEALIVE in 山梨の醍醐味の1つです。

HP  https://www.sundayweb.jp/
instagram @sunday_ishikawa
RawLow Mountain Works / 谷口 氏

RawLow Mountain Worksのデザイナーの一人である谷口さんは、バッグデザイナーとして20年以上のキャリアを持ち、厳しい冬山のトレッキングから気軽に足を運べる低山まで、時間の許す限りを山で過ごす生粋の山の遊び人。 しかし、実はそれ以上に自転車とは長く深い関わりを持ったサイクリストでもあります。 そんな山の酸いも甘い噛み分ける谷口氏がアンバサダーとして活躍して頂けます。

HP  http://rawlow.jp/
instagram @ryotaraw
TARAYA EQUIPMENT / 浦壁 氏

自分たちの作る旅をするための道具を、自らが足を運び使用する人へ直接伝える行商人、TORAYA Equipementの浦壁氏。 先日拠点を山梨に移した事もあり、SUNDAY石川氏とともにルート探査に奮闘してくれています。 山遊びはもちろん、マウンテンバイクとシクロクロスバイクを所有、自転車の魅力にもどっぷりと浸かってしまっている遊び人です。

HP  http://toraya.equipment/
instagram @toraya.equipment

RIDEALIVE2018 02 山梨
開催概要

日時
2018/9/22~24(土,日,祝) 雨天決行
 
DAY1 9/22(土)
朝9:00 甲府駅北口集合
キャンプ地である金峰山荘キャンプ場を目指し山中をひた走ります。
甲府の街中を過ぎると全くと店舗や自動販売機といった施設はありません。 十分な水分と補給食、そして昼食を各自忘れずに持参してください。
キャンプ場到着後、お風呂へ入り、夕食をとります。
夕食はケータリングにてご用意させて頂きます。
   
DAY2 9/23(日)
金峰山荘キャンプ場から登山口までバスで移動します。
ゆっくりと一日をかけて金峰山を堪能します。
昼食には金峰山荘さんのお弁当を提供させて頂きます。
夕食は金峰山荘さんにてBBQを。その際ドリンクはキャッシュオンにてお願いします。
   
DAY3 9/24(月)
朝食を済ませた後は未舗装を交え甲府の街まで戻ります。
甲府駅20:00頃を解散予定としております。
   
※朝食、昼食について。
3日間の朝食、また2日目のトレッキング以外の昼食のご提供はございません。
各自で保存食などの食材を用意して頂き、調理を行なってください。
もちろん調理の必要ないものでも構いません。
また、金峰山荘には飲料、食材の売店もございますのでそちらをご利用頂く事も可能です。
 
参加募集人数
20名(定員になり次第、締め切りとさせていただきます。)
 
参加費
¥20,000
(宿泊費、DAY1夕食、DAY2昼食、DAY2夕食、DAY3夕食、登山口までのバス往復交通費、保険、を含む)
※現地までの交通費、上記以外の費用は個人でのご負担となります。
 
エントリー条件
  • 1日100㎞以上走行可能な体力と装備
  • 自転車のトラブルに対応できる技術
 
必要装備
  • キャンプ用品一式
  • 防寒着、お弁当などを携行できるバックパック
  • ヘッデン(ヘッドランプ)
  • 行動食
  • クッカー、燃料
  • ヘルメット
  • ウォーターボトル
  • パンク、自転車トラブル修理キット
  • 自転車ライト
  • 防寒着
  • トレッキングできる履物
  • レインウェア
  • ファーストエイドキット(消毒、絆創膏など)
  • 健康保険証(コピー可)

RIDEALIVE2018 山梨
〜野暮れ山暮れ〜
エントリー

サークルズWEBSHOPからエントリーチケットをご購入下さい。
エントリーチケット
※先着順とさせていただきます。
※チケットの配送はありません。
※キャンセルによる返金は致しかねます。ご了承下さい。

RIDEALIVE2018
LINEUP

SP01 | 長野

SHINSYU INA Valley THANK YOU

APR.
SP02 | USA

PORTLAND PHOTO

MAY
BIKE to

森、道、市場 2018 THANK YOU

MAY
BIKE to

白州の森バイクロア4 THANK YOU

MAY
Vol.1 | 北海道

GIRLS RIDEALIVE THANK YOU

AUG.
Vol.2 | 山梨

〜野暮れ山暮れ〜 ENTRY

SEP.
Vol.3 | 滋賀

COMMING SOON!!INFO

OCT.

ridealive2017

バイクパッキング+αのライドイベント "RIDEALIVE”。 5年目の今年もさらなるフィールドと遊びの達人との邂逅を求めて各地で開催します。遊ぶ事と生きる事。その創造性を全力で楽しみます。
お問合わせはこちらから

PLAY with

close