RIDEALIVE2017vol.4 GIFU
2017/11/13

RIDEALIVE2017
vol.4 GIFU



RIDE DATA

天気
平均気温
16~13
総走行距離
64.8km
2日間の獲得標高
1,386m
八百津に通った期間
2ヶ月
工場見学
みの食製菓(株)

さかのぼること今年の2月、 カルチャークラブの加茂ちゃん と岐阜にキャンプライドをしに行った時から、僕の RIDEALIVE岐阜編 は既に始まっていました。
 

出身は岐阜ですが幼少時代に名古屋へ越してきたこともあり、あまり土地感にも詳しくもなく、まずは現地に出向き、その場所でしか出会えない人や文化に触れる所から始めたのです。

 

普段の生活では、なかなか体験出来ないことが旅やライドの醍醐味ではないでしょうか。 それが人とは違う事(交通手段が自転車だったり)であれば、より多くのドラマが起こると実感しているのです。

 

加茂ちゃんとキャンプライドをした際、真冬に自転車でキャンプをしに来た僕ら変人2人を物珍しく思ったのか、白川町のみなさんにはごちそうして頂いたりして本当にお世話になりました!! 寿司屋の 寿し幸 さんというお店ですので、みなさんも機会があればぜひ行ってみて下さい。
 

今回の岐阜編では、恵那、八百津、可児、御嵩を舞台とし、特に何度も通い詰めた 八百津町 はとても印象深い土地となりました。 東西に広大な自然を有する土地には、たくさんの歴史の跡がいたるところに健在し、自転車を走らせばすぐにその面影に触れる事が出来ます。
 
そんな八百津の中心から少し西に位置するところには、 剣豪宮本武蔵 が修行をしたと伝説が残る有名な 五宝滝 があり、その滝のすぐ近くに構える 山小屋カフェ 山なんや さんで、色々な縁を通じて宿泊地にとさせて頂きました。
 
 

 

山なんやさんはカフェとして通常営業し、週末になるとライブやフェスといったイベント会場と顔を変え、たくさんの人が集う場所としても知られています。 オーナーである 十三夫さん は店を切り盛りしながら音楽活動もしており、今後はBBQやカヤックなどが楽しめるレジャー事業を美濃加茂市で起こすそうなので期待が深まります。 そして、 ジャークイノシシドラム缶風呂 を用意して頂いた ヤンさん 。 2年前のRIDEALIVEでも えんぎや林さん の手伝いとして来て頂き、今回はソロで参加者に笑顔を振る舞ってくれてました。

 


 
何度も八百津に通う度、この場所をもっと知りたいし知ってもらいたいと熱く思う様になったのでした。 そこで考えたのは、八百津らしい地場でしか体験出来ない工場見学。
 
八百津では家族経営も多く、今回お伺いさせて頂いた八百津せんべいの みの食製菓 さんも代々続くせんべい屋さん。 大人になってから工場見学をする機会なんてなかなか無いですが、今だからこそ興味深く感じる事も多いかと思います。 今回は特別に通常営業されていない日曜日に機械を動かして頂き、せんべいに”感謝”の文字を焼き印体験までさせてもらえました。 通常は平日のみとなり、どなたでも工場見学をすることが出来ますので、ライドがてら見学しに行ってみてはかがでしょうか?
 

 
もちろん忘れて行けないのが、今回のもう1人のアンバサダーと言っても過言ではない 創作居酒屋えんぎやの林さん 。 実際に岐阜を拠点としているアンバサダーがいなかった今回、林さんの協力無しには完成することは出来なかったと思います。 ライドのルートマップを作る際には、可児、八百津、御嵩でのオススメスポットをたくさん教えてもらい、実際に自分達の足で現地に出向くのを繰り返し、つめに詰め込んでマップが完成したのです。 そして台風が接近する中、毎度ながら素晴らしい料理を振る舞って頂け、雨に打たれた心や体を暖かく癒してくれました。 
 

 
今回のRIDEALIVE岐阜編”BOKU NO HOSOMICHI”の2日目は台風の影響もあり短縮することになりました。 それでも、参加者1人1人が楽しむ気持ちを忘れず、オリジナリティ溢れるBOKU NO HOSOMICHIを完成したと思います。 1つだけ心残りがあるとしたら、2日目に用意していたルートマップ(見所スポット)が使用出来なかったこと。 そのルートマップには八百津町の魅力がつまっているからです。 あまり足を運ばない場所にこそ魅力がつまってたりするものなので、ぜひとも時間があればそのルートマップを使って走って頂きたいです。 そう、実はまだ BOKURA NO HOSOMICHI は終わっていないかもしれません。
 


サークルズの夏休みがコンセプトであるライドアライブですが、僕らだけでなく参加した方も、遊びの探求や新しいことへの挑戦など、大人になってからでもその喜びに気付くことがたくさんあると思います。 今年は三重/静岡/八ヶ岳/岐阜と、愛知を飛び出して新たな遊びの場を探し求めて開催しました。 この遊び場をきっかけに出会う事が出来たかけがえのない仲間と、またどこかで一緒にペダルを漕いで、笑いあったりできる日を楽しみにしています。


 

そして、本当にたくさんのご協力をいただき誠にありがとうございました!

RIDEALIVE2017 開催にあたり、ご協力頂いた皆様(順不同)
 

ADAPT SUZUKAさん / カフェコブさん / 上木食堂さん / TOKONAME STOREさん / アトリエみちくさ さん / ガレージコーヒーカンパニーさん / naru蕎麦さん / GreenCogさん / キャンプ場「タリカーナ」さん / 創作居酒屋えんぎやさん / 山なんやさん / みの食製菓さん / ULTRA LUNCHさん / やんさん / 山と道さん /


Today's Rider

RIDEALIVE2017vol.4 GIFU
-BIKE SPECS-
Frame Doppo ATB
HeadSet ChrisKing 1-1/8 NoThreadSet
Rim Velocity Cliffhanger
Hub SP Dynamo Hub
Tire SimWorks by Panaracer The Homage
Stem Simworks by Nitto Tomboy
SeatPost Simworks by Nitto Beatnik
Main Group Shimano XT
Crank Shimano XT
Handle Simworks by Nitto Get Around
Frame Bag Porcelain Rocket Custom
Seat Bag Porcelain Rocket Vera
Helmet Giro Atoms
Jacket OMM Aether smock
Shoes Hokaoneone TOR Ultra Hi Wp


COMMENT

close